美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

ビューネラボ

毎日同じお手入れなのに…スベスベな日とザラザラな日があるのはなぜ?

同じお手入れをしていても、調子のいい日もあれば、悪い日もある。メナードは、その理由を探すため、角質細胞を分析しました。すると、肌の角質細胞に問題があることが分かってきました。

BEAUNESS Laboratory 1

約75%の女性の肌は「肌荒れ・ニキビ予備軍」

毎日同じお手入れをしていても、
肌の調子がいい日と悪い日がでてきてしまうのはどうして?
そんな悩みを解決すべく、
メナードではスキンチェックで得られた角質細胞を分析。
すると、肌のコンディションが不安定な「肌荒れ・ニキビ予備軍」の人が、
なんと、女性の約75%もいることがわかったのです。
「肌荒れ・ニキビ予備軍」の肌は、一見するときれいに見えても、
実は角質細胞がはがれやすくなっています。
そのため、ストレスや環境の変化などにより
角質細胞がはがれてしまい、肌が荒れたり、毛穴がつまって
ニキビができたりしてしまうのです。

BEAUNESS Laboratory 2

「肌荒れ・ニキビ予備軍」の原因は?

見た目がきれいでも、実は角質細胞がはがれやすい状態である「肌荒れ・ニキビ予備軍」肌。
その原因は、以下の2つであることがわかりました。

  • 原因1. 角質細胞の"膜"のゴワつき

    角質細胞の外側には“膜"があります。この膜は新陳代謝の過程で作られますが、
    その際にさまざまな刺激を受けてしまうと正常な膜が作られず、
    凸凹のあるゴワついた膜になってしまいます。
    このように膜がゴワついた状態だと、角質細胞がはがれやすくなってしまい、
    ひいては肌荒れ・ニキビの原因となるのです。

  • 原因2. 角質細胞同士を付着する"細胞間脂質"の減少

    角質細胞同士を接着させる働きがある"細胞間脂質"。
    その量が正常だと角質細胞同士がしっかりと接着され、キメ細やかな肌となります。
    しかし、細胞間脂質の量が少ないと角質細胞同士の接着が弱くなり、
    そのため角質細胞がはがれやすい状態になって、肌荒れやニキビができやすくなります。

BEAUNESS Laboratory 3

自然のチカラを活かした「SPAエッセンス(保湿成分)」を開発

「薬用 ビューネ」では、自然のチカラで肌やカラダを美しくするSPAに着目。
研究を重ねてきた「温泉」の美肌効果に加えて、「海」と「植物」といった
自然界のチカラを活かした「SPAエッセンス(保湿成分)」を開発しました。
角質をなめらかに整えて、すこやかなスベスベの肌に導きます。

*:硫酸アルミニウムカリウム、塩化カルシウム水和物、塩化マグネシウム、
  シーグラスエキス、海水乾燥物、ココナッツウオーター、クマザサ水、サンゴ草抽出液(全て保湿成分)