美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

紫外線とメラニンの関係

メラニン色素は、一人ひとりの肌の色を決める要素の1つで、
肌の色を維持するために、メラノサイトで日々作られています。


紫外線を浴びると、そのダメージから肌を守るために、
肌の中では通常の量より多くのメラニン色素が必要となり、
「メラニンを作って」 とメラノサイトに指示を出します。


この指示を出しているのが、
メラニン色素を作りだす酵素の働きを活性化する物質と、
酵素の量を増やす物質です。


指示を受けたメラノサイトの中では、
メラノサイトの中にあるアミノ酸に酵素が働きかけ、
メラニン色素が作られ、肌の細胞に受け渡されます。


メラニン色素は、
紫外線を浴びた肌で起こる防御反応によって作られる物質で、
肌を守る役割を持っているのです。