美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

紫外線の種類

紫外線対策が大切、と一言に言っても、紫外線は3種類あります。
UVA、UVB、UVCです。
(UVCは、私たちに届く前にオゾン層や大気にそのほとんどが吸収されています。)

UVAは、老化光線とも言われ、肌の奥、真皮まで浸透します。

真皮まで届いたUVAは、真皮で肌を支えているコラーゲンや、
そのコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを生み出している
線維芽細胞に損傷を与え、ハリや弾力を低下させます(光老化)。
UVBよりも波長が長いため、
雲や窓などで吸収されることが少ない紫外線です。
また、日焼けを起こしにくいので、UVAを浴びていると感じにくいのも特徴です。

UVBは、日焼け光線とも言われ、
多く浴びることで肌表面に炎症を起こし、肌を赤くほてらせた後(サンバーン)、
肌を黒くします(サンタン)。
また、メラニンを作るメラノサイトに刺激を与えるので、
シミができる原因にもなります。