美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

メナード化粧品トップ> 美容情報> 用語辞典> 界面活性剤

化粧品や美容に関する用語

界面活性剤は、水になじみやすい性質と、油になじみやすい性質の両方を持っており、用途に応じて様々な分野で利用されています。

 

化粧品では、乳液やクリームをつくる際に、お互いに混ざり合わない油と水を均一に混ぜる乳化剤として利用したり、化粧水の中に香料、エモリエント剤あるいはビタミンEなどの油性成分を透明に溶かす可溶化剤として利用されます。

界面活性剤の種類と用途
種類 主な用途
乳化剤

化粧品(クリーム・乳液)、食品(マーガリン・マヨネーズ)、医薬品(軟膏・注射薬)、

原油の回収、農薬など

可溶化剤 化粧品(化粧水)、食品(飲料水)、医薬品など
洗浄剤 化粧品(シャンプー・石けん)、衣料・家庭用洗剤、クリーニングなど
分散剤

化粧品(ファンデーション)、インク・塗料、セメント、

磁気記録材料(フロッピーディスク・ハードディスク)など

潤滑剤 化粧品(ヘヤーリンス)、衣料用柔軟剤、金属圧延剤など
消泡剤 消火装置(泡消化剤)、下水処理剤など
湿潤剤 繊維(染色)、紙など

キャンペーン情報

ビフィズスプラス

今月は、11月21日にリニューアル発売した「ビフィズスプラス」を3名様にプレゼント。ビフィズス菌で快調な毎日を!ぜひご応募ください。

健康食品キャンペーン実施中!<10/21〜12/20>

期間中、対象商品のお買上げでステキなプレゼントがついてくるお得なキャンペーン。気になる健康食品はぜひこの機会に!

新商品情報

シャイニングコフレⅦ

シャイニングコフレⅦ

ビフィズスプラス

ビフィズスプラス

よくあるご質問

みなさまからいただいた、よくある質問とその回答をご覧いただけます。

CMライブラリー

現在放映中のCMをご覧いただけます。

サイドストーリー

「薬用ビューネ」が完成するまでの開発裏話やエピソードなどをご紹介。

このページの先頭へ