メナード青山リゾート TOYO×メナード青山リゾート

地酒とブルゴーニュワインで愉しむTOYOフレンチ
〜女性が想いを込めた名酒とともに〜


東京、パリで活躍中のオーナーシェフ、中山豊光氏(TOYO)の創り出す料理と、2人の女性の想いが込められた名酒とのマリアージュ...。
青山リゾートで育ったフレッシュなハーブ、三重県ならではの食材を厳選して使用する特別な料理と名酒をご堪能ください。


【TOYO 中山豊光氏】
   地元の高校卒業後、大阪の料理専門学校に進む。神戸のフランス料理店「ジャン・ムーラン」で修行を重ねる。その後、1994年に渡仏。フランスで料理人として働く。
 1996年、パリの本格的な日本料理店「伊勢」で働き始め、厨房のトップを任される。「伊勢」の常連のお客様の一人であった髙田賢三氏に手腕を認められ、髙田賢三氏の専属料理人となる。
  兼ねてから自分の店を出したいと考えていた中山豊光氏は、2009年に「Restaurant TOYO」をパリにオープン。日本が誇る世界的デザイナー、髙田賢三氏のお抱えシェフが開いた「レストランTOYO」。店名はファーストネームからの命名。レストランの入り口には、髙田賢三氏自らが描いた中山シェフの肖像画が飾られている。
 フレンチの影響を受けた和食をフレンチスタイルにて提供。お料理は新鮮な食材を使った上品な味付け。一皿が少量で、品数多く楽しめるということから、女性やファッション業界の方にも人気。パリ内外のメディアにも取り上げられ、予約が取りづらい名店として注目を集めている。
 2018年には東京に「Restaurant TOYO Tokyo」をオープン。国内外を問わず、活躍を続けている。

http://toyojapan.jp/


中山豊光氏画像





【若戎酒造 重藤邦子氏】
   お伊勢参りで賑わった初瀬街道、阿保宿で1853年から創業を続ける若戎酒造。2016年から、8代目社長に重藤邦子氏が就任、杜氏に高松誠吾氏を迎え、新チームでの酒造りがスタート。これまで通り、水は青山高原の伏流水を、米は伊賀産を中心に使用し、自社で精米、丁寧な造りでお酒を醸している。
   代表銘柄は社名でもある「若戎」、創業者の名前から付けた「義左衛門」、そして蔵つきの天然乳酸菌を培養して仕込む「真秀」。定番商品から季節限定酒まで、細部にこだわったラベルデザインも特徴で、スタイリッシュな見た目も魅力のひとつ。ビギナーからマニアまでカバーする安定感のある味わいで、多くの酒ファンを魅了し続ける。
   邦子氏を筆頭に、新チームの明るい雰囲気が和醸良酒を実現している。

三重県伊賀市阿保1317
0595-52-1153
http://www.wakaebis.co.jp


重藤邦子氏画像




【ドメーヌ・フルーロ・ラローズ 久美子氏】
   1872年設立。フルーロ家が代々、居を構えるシャトー・デュ・パスタンはコート・ド・ボーヌ南のサントネイ村にあり、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティのオーナーがワイン貯蔵庫として建てた地上3階、地下2階からなる城館。
   1912年に購入し、現在は4代目当主のニコラ・フルーロと日本人の奥様・久美子さんが家族とともに住んでいる。地下2階のカーヴは各階1000樽収容可能、年間を通して自然空調で気温10.5℃~11.5℃、湿度約80%に保たれている。
   第二次世界大戦中はドイツ軍に占拠されたという忌まわしい経験をしたが、幸いにも貴族出身の将校の計らいによりワインには手がつけられず、今も戦前のワインがカーヴの片隅に眠っている。
   畑では化学薬品の使用を極力避け土壌の持つ特性を引き出し、また醸造においては新樽の使用を抑え果実の個性をピュアーに生かす伝統的な方法で造り続けている。モノポールの畑、サントネイ・プルミエ・クリュ・クロ・デュ・パスタンとシャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・クロ・ド・ラ・ロックモールの2つを所有している。

http://www.domaine-fleurot-larose.com/


久美子氏画像



月 日 2019年8月4日(日)・5日(月)
時 間 18:00 〜
場 所 メナード青山リゾート ホテルシャンベール内レストラン「ラ グラース」
内 容 ディナー、日本酒・ワイン (各3種)
料 金 日帰り 24,000円(税込25,920円)
宿泊  35,000円(税込37,950円)〜(夕朝食付き)
定 員 各日 60名(事前にご予約が必要になります)

※画像はイメージです
※イベント内容は予告なく変更になる場合があります