マラソンフェスティバル ナゴヤ愛知 メナード特設サイト

美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

RUN FOR BEAUTY(ランは女性を美しくする) RUN FOR BEAUTY(ランは女性を美しくする)

元ビーチバレー選手 浅尾美和

美の守り&攻め アタックの美

ブロックの美

元ビーチバレー選手 浅尾美和

元ビーチバレー選手で、現在も2児の母としてタレントとして大活躍の浅尾美和さん。
前回に引き続き、今回は「攻めの美」について、前向きに美を追求する秘訣を語っていただきました。

身体を動かして、チャレンジ&攻めていこう。 身体を動かして、チャレンジ&攻めていこう。

2011年にホノルルマラソンを完走しました。フルマラソンを経験している方たちから、「走ったからこそ見える景色があるよ」と聞いていて、ずっと挑戦してみたいと思っていたんです。マラソンの練習はビーチバレーの練習が終わってからだったので、正直身体は辛かったですが、速い動きや激しいトレーニングが多いビーチバレーの練習に対し、マラソンは同じペースを保って走るので無心になれて心地よい部分もありました。今は、フルマラソンを完走したからこその思い出が仲間とも共有できたし、何事もチャレンジしてみないと解らないなと感じています。でも、無理すると嫌になっちゃうから(笑)、マラソンも楽しみながら走るのが続けられるコツだと思いますよ。

現役時代は辛いことも多かったです。試合に勝ったときは嬉しいんですけど、ハードな練習をしても結果が出ないことも多くて。応援してくれる方がたくさんいるのに、負けてしまうと悔しいし、申し訳ない気持ちでいっぱいになる…。そんなときに、「結果がすべてではなく、イキイキとプレーしているところを見たいんだ」というファンの声を聞いて、そこからポジティブ思考になれました。緊張がほぐれて、プレーも良くなってきたんです!落ち込んでいた時に、前向きでいることの大切さに気づくことができて本当に良かった。たとえ結果が出なくても笑顔で挑み続けることができました。
忙しい毎日ですが、じっとしていることはほとんどないです。新幹線で座っていても腹筋を鍛えるために脚上げをしながら本を読んだり!今は女性らしい伸びやかな身体に憧れていて、ヨガにも挑戦してみたいと思っているんです。これからもずっと美しくいるために、チャレンジ精神を持ち攻め続けていきたいですね。

  • 楽しくないと続かない!ランはご褒美を作るのがオススメです。 楽しくないと続かない!ランはご褒美を作るのがオススメです。

    私はランニングしているときに、例えば「20キロ走れたら大好きなスイーツを食べよう」とか自分にご褒美を作っていました。(笑)「可愛いランニングウエアを買おう」でもいいですね。楽しみならが走ることが大切です!

  • ランニングは何歳から始めても遅くない! ランニングは何歳から始めても遅くない!

    普段生活していると老いには気づくけれど、自分の成長に気づくことってなかなかないと思うんです。でもランニングは確実に身体や気持ちの変化に気づけて達成感を得られます。シューズさえあれば道具もいらないし何歳から始めても目標を超えていく感じがやみつきになると思います!

浅尾美和さん

浅尾美和さん

1986年生まれ、三重県出身。
高校時代、全国高校バレーボール選抜優勝大会に2年連続出場。全国高校総体ベスト16。卒業後、ビーチバレーに転向。その実力とともに抜群のプロポーションとルックスが話題となり、「ビーチの妖精」と呼ばれビーチバレー人気の火付け役となった。2012年現役引退後、タレントとして活躍。三重の観光大使を務める。2児の母。