咲き続ける肌へ。

肌は、生き方を饒舌に物語る。肌は、女性を幸福にも不幸にもする肌は、手をかけるほどに花開く。

みずみずしくなめらかに咲き続ける肌になる。

ほしかったのは潔い美しさ。それは、装うのではなく内側からにじみ出るもの。あくまでも凛々しくどこまでもノーブルに。その比類なきうるおいとやさしさに満たされたい。