メニューを飛ばして本文へ進みます

美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

メナード化粧品トップ> 美容情報> スキンケア・メイクのススメ> スキンケア編> 美容特集

スキンケア、メイクに関する情報

美白ケア、輝くほうへ。紫外線が強くなるシーズンだから、紫外線やシミ・ソバカスの正しい知識を身につけよう!美白ケアを取り入れて、この夏、キラキラ輝く白い肌がいいね!※メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ。

その知識あってる?美白の基本Q&A

  • Q1 夏が訪れる前から紫外線に気をつけたほうがいいの?
  • Q2 SPF・PAって何なのか知ってる?
  • Q3 SPF・PA値の高い日やけ止めって使い心地が悪い?
  • Q4 SPF・PA値の高い日やけ止めを使っていれば安心?
  • Q5 シミの原因は紫外線だけだよね?

A1 夏が訪れる前から紫外線に気をつけたほうがいいの? YES! 紫外線量は4~5月にかけてすでに多くなっているから気をつけて!

この時季の油断が、夏のはじめの日やけやシミ・ソバカスなどの肌悩みにつながるので注意!そして6〜8月にかけて紫外線量はピークになるので万全の対策が必要です!

データ提供:(独)国立環境研究所有害紫外線モニタリングネットワーク事務 2013-2015年 つくば局観測データの各月の最高値を平均化したグラフ

A2 SPF・PAって何なのか知ってる? SPF=UVBを防ぐ指標PA=UVAを防ぐ指標

SPFは数値が大きいほど、日やけ(肌表面)を防ぐ効果が高くなります。最高値は50で、それ以上は「50+」と表示されます。
PAは+が多いほど、肌のハリ・弾力の低下を防ぐ効果が高くなります。「+」、「++」、
「+++」、「++++」の4分類で表示されます。

A3 SPF・PA値の高い日やけ止めって使い心地が悪い? NO! しっかり紫外線を防ぎながら、なめらかな使い心地の日やけ止めがあります!

メナードの研究技術開発のもと、よりなめらかで快適な使い心地の日やけ止めが登場しました!

A4 SPF・PA値の高い日やけ止めを使っていれば安心? NO! ぬり方によっては日やけの可能性アリ!

SPF・PA値が高い日やけ止めでも、量が少なかったり、ぬりムラがあると日やけしてしまうことも。また、「ぬり忘れゾーン」を意識したり「紫外線注意ゾーン」に重ねぬりすることがオススメです。

ぬり忘れ注意ゾーン ◦まぶた・目頭 ◦小鼻の脇 ◦口角の際 ◦アゴ下から首 ◦首の後ろ 紫外線注意ゾーン シミ・ソバカスがで きやすい三角ゾー ンから、ほほ骨・こ めかみまで、特に 注意しましょう!

A5 シミの原因は紫外線だけだよね? NO! 驚きの事実!環境ストレスもシミの原因に!

タバコの煙、車の排気ガス、工場のばい煙、花粉、黄砂などの環境ストレスもシミの原因に。環境ストレスからも肌を守る日やけ止めがオススメです!

このページの先頭へ