メニューを飛ばして本文へ進みます

美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

メナード化粧品トップ> 美容情報> スキンケア・メイクのススメ> スキンケア編> スキンケア特集

スキンケア、メイクに関する情報

「美白」特集 夏を前向きに楽しむ美白みつかる。知らない美白をさがす旅にでかけよう。

美白:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ。 紫外線が強くなるシーズンだからこそ、 紫外線やシミ・ソバカスの 正しい知識を身につけましょう。

美白の旅を楽しむ注意事項

  • Attention:1 4・5月から 紫外線に注意を
  • Attention:2 「SPFとPA」の 表記とは
  • Attention:3 「花粉」や「黄砂」 等も シミの原因に

Attention:1

4・5月から 紫外線に注意を

紫外線は太陽光線の一種で、波長の長いものからUVA、UVB、UVCと分けられ、地上に届くのはUVAとUVB。肌への影響も異なります。4月から5月にかけてピークを迎えるので万全の対策が必要です。さらに、6月から8月にかけても紫外線量は多くなっていますので、継続した紫外線対策が必要です。

月別UV量最高値の年間変動(kJ/㎡) データ提供:(独)国立環境研究所有害紫外線モニタリングネットワーク事務局 2013-2015年 つくば局観測データの各月の最高

Attention:2

「SPFとPA」の 表記とは

図:「SPFとPA」の 表記とは

SPFは数値が大きくなるほどUVBの防止効果が高くなります。例えば、「SPF10」より「SPF30」の方がUVBの防止効果が高くなり、SPF50以上は、「SPF50+」と表示するよう上限を定めています。
PAは「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4段階で表示され、「+」の数が多いほどUVAの防止効果が高いことを示しています。

Attention:3

「花粉」や「黄砂」等もシミの原因に

花粉や黄砂、たばこの煙や車の排気ガスに含まれる有害物質は肌に付着し、紫外線を浴びることで刺激物質に変化します。そうすると肌内部で微弱な炎症を引き起こしてメラニンが過剰につくられ、肌にシミとして現れます。環境ストレスから肌を守る化粧品を選ぶことも大切です。

防ぐには 環境ストレスブロック

美白ケアについて、詳しく知りたい方は、お気軽にお近くのメナードのお店にお問い合わせください。

お近くのメナードのお店を探す

このページの先頭へ