メニューを飛ばして本文へ進みます

美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

メナード化粧品トップ> 美容情報> スキンケア・メイクのススメ> スキンケア編> 美容特集

スキンケア、メイクに関する情報

つや肌アップデート


うるおいに満ちた肌に導くやさしいスキンケア!

夏の強い紫外線や
エアコンの影響を受け続けた肌は、
デリケートな状態だと考えられます。
そんな状態だからこそ、いつも以上に
ていねいなお手入れで肌をいたわり、
うるおいで満たしてあげましょう。

つや肌アップデートは「やさしさ」から!

やさしく、ていねいなお手入れは、肌だけでなく、気持ちまで温かくほぐしてくれるような気がします。スキンケアは「やさしく」、とよく耳にするけれど、実際にはどのくらいの力加減で行っているのか、一般の女性を対象にしたアンケート結果から確認してみましょう。

Question

それぞれのお手入れをどの程度の力加減で行っていますか?

クレンジング ウオッシング

新鮮な生卵の黄身が潰れない程度 絹ごし豆腐が崩れない程度 桃がへこまない程度 熟れたトマトが潰れない程度 それ以上の強さ 洗顔をしていない ※項目の一番上を力加減が弱く、下に向かうほど力加減が強くなるイメージで、最も近いと思われるものを選択。

多くの方が肌あたりがやさしくなるように心がけており、力加減への意識が高いのが分かります。

(10代~70代の女性に対するWebアンケートより、クリームクレンジング使用者n数=238、ウオッシングクリーム使用者n数=928)

クレンジングのポイント

さくらんぼ1.5個分

Cleansing

1 使用量を確認

1回の使用量の目安は、さくらんぼ1.5個分程、目安として親指の第一関節程度を使用しましょう。

2 力は入れない

力は入れず、指を軽く滑らせるようにして
ファンデーションなどとなじませます。
小鼻の横などくぼんだ部分もていねいに!

3 終了の合図を確認

クレンジングクリームがふっと軽くなって、クリームがオイル状になるのがクレンジング終了の合図。

Check

ゴシゴシと力を入れても、クレンジングクリームとなじまなければ、毛穴に汚れが残ってしまいます。

やさしくていねいにオイル状になるまでなじませることで、毛穴の汚れもきれいに!

動画で方法をチェック!

ウオッシングのポイント

大豆粒2個分程

1 使用量を確認

1回の使用量の目安は、大豆粒2個分程、目安として小指の第一関節程度を使用しましょう。

2 泡の目安は・・・

泡はたっぷり!が基本。
泡の量の目安は、テニスボール程度の大きさで、角が立つくらいのかたさまで泡立てましょう。

3 ウオッシングは30秒、すすぎは充分に!

ウオッシング時間は、肌に泡をのせてから30秒を目安に。手と肌が直接触れないように顔を泡で包むようにして、やさしい力加減で洗います。すすぎの際は、髪の生え際、フェイスラインなどに泡が残らないよう注意してしっかりすすぎましょう!

Check

泡をつまむと角が立ち、手のひらを逆さにしても泡が落ちないくらいになったらOK! 洗う時間が長すぎてもうるおいを逃してしまうので、適切な時間を心がけましょう。

動画で方法をチェック!

つや肌アップデートにマッサージがおすすめ!

元気なのに、まわりの人に「なんだか顔色が悪いね」と言われてしまったり、鏡を見たとき「なんだか顔がくすんで見える…」と思うことはありませんか?
それは血行不良が原因かも…。
血行不良は、気温の低下といった外的要因や、女性に多い冷え性や肩こりなどによっても起こりやすくなります。マッサージで血行を促しましょう。

マッサージのポイント

適切な使用量で、肌に負担をかけず、心地よくマッサージを行いましょう。

  • 1 使用量を確認

    1回の使用量の目安は、さくらんぼ1.5個分程、目安として親指の第一関節程度を使用しましょう。

    さくらんぼ1.5個分程

  • 2 力加減は“やさしく”

    両手の中指・薬指の腹を使い、肌の上を滑らせるようにやさしい力加減でマッサージをしましょう。

  • 3 継続は力なり!

    秋冬の美肌を守るためにも、
    毎日のマッサージを習慣化しましょう。

動画で方法をチェック!

Check!

マスクをつけるのが日常化している今、表情を大きく動かすことも少なくなっているのではないでしょうか?そのせいか、フェイスラインなどのタルミが気になることも…。

マッサージは、肌にハリをもたらしてくれます。マスクを外した時に気になるフェイスラインのケアのためにも、マッサージは毎日続けましょう!

マッサージは自分が心地よくいられる場所で!

マッサージを行うとくつろぎ度が高まったり、心にゆとりが生まれます。リラックスして毎日楽しく行うためにも、自分が心地よくマッサージできる場所で行うのがおすすめです。

たとえばお風呂で・・・

リラックスできる 蒸気でエステ気分 すぐに流せる

湯船につかりながらのマッサージは、身体も気持ちもぽかぽかで、リラックス感UP!湯船からの蒸気でエステ気分も味わえます。マッサージをするときには、顔の水分をふきとる必要があるので、お風呂に入るときにフェイスタオルを持って入ると便利です。またマッサージクリームを洗い流すお湯の温度にも注意!体を洗っているときのシャワーや湯船のお湯の温度では熱すぎます。冷たくないと感じる程度のぬるま湯で洗い流しましょう。

※蒸気でマッサージクリームがゆるくなる場合がありますので、目に入らないようにご注意ください。
 もし目に入ったときは直ちにぬるま湯、又は水で洗い流してください。

たとえばリビングで・・・

くつろげる ながらマッサージもできる

リビングのお気に入りのソファに座って…、こたつに入りながら…、大好きな音楽をかけながら…、好きな場所で、好きな物に囲まれながらマッサージできるのはリビングならではの利点。ふきとり用のティッシュペーパーやふきとり用の化粧水、コットンなども一緒に準備しておくと、マッサージ後のふきとりまでスムーズにできます。

たとえば洗面台で

大きめの鏡がある すぐに流せる

洗面所でのマッサージの利点は、何といっても大きな鏡があること!マッサージ前と後の肌状態を確認できるので、自分の肌と語りながらお手入れできます。マッサージ後にすぐに洗い流せるのも便利!注意したいのはマッサージクリームを洗い流すときのお湯の温度。冷たくないと感じる程度のぬるま湯で洗い流しましょう。

つや肌アップデートには“うるおい補給”が不可欠!

秋冬の環境は肌にとって、とても過酷です。湿度が下がると、乾燥しやすくなり、また気温が下がれば、汗や皮脂の分泌が少なくなり、皮脂膜が作られにくくなります。皮脂膜が作られにくくなると、肌のバリア機能が低下し、外部刺激に弱くなり、肌の水分も失われ、乾燥が進んでしまうという悪循環に陥りかねません。そのため、秋冬は血行促進(マッサージ)と共に、バリア機能を高め、うるおいを守るケアが大切になります。

ローションのポイント

500円硬貨大がコットンの裏面までしっかり浸る程度が目安

1 使用量を確認

使用量の目安は、コットンの裏面まで500円硬貨大程が浸る程度。

2 コットンを使用!

コットンを使用した方が、より多くのローションを肌へ移行することができます。
うるおいUPにはコットンがマストアイテム♪下から上へ、顔全体がひんやりするまでやさしくパッティングをしましょう。

3 できるだけ早くミルクローションを!

ローションでうるおしても、そのままにしていたら肌からうるおいが逃げてしまいます。ローションの後は、早めにミルクローションを!

[測定方法]吸水紙に手またはコットンでローションを塗布し、吸水紙に移行したローションの重量を計測。[測定方法]前腕部に手またはコットンでローションを塗布し、角質水分量の増加量を計測。

コットンパッティング のメリット

500円硬貨大程の量をコットンに含ませ、パッティングします。コットンを使用した方が、より多くのローションを肌に移行させることができます。

動画で方法をチェック!

ミルクローションのポイント

1 使用量を確認

ミルクローションの1回の使用量の目安は、
朝:大豆粒1個分程(直径1cm程度)
夜:大豆粒2個分程(直径2cm程度)
手指が滑らずピタッとするまでまんべんなくのばします。

2 クリームとの懸け橋に!

ミルクローションを塗布することで、
後につけるクリームが均一に塗布できます。

朝 大豆粒1個分程 夜 大豆粒2個分程
ミルクローションあり ミルクローションなし (自社測定データ)※画像はイメージです。

ミルクローションの塗布により、
クリームが均一に塗布できます。

クリームに蛍光色素を入れ、
クリームが均一に塗布できたかを観察。

画像の色味が均一であることから、「ミルクローションあり」の方がクリームが均一にムラなくなじんでいることがわかります。

動画で方法をチェック!

クリームのポイント

あずき粒1個分程

1 使用量を確認

クリームの1回の使用量の目安は、あずき粒1個分程。

2 うるおい保持!

クリームまで使用すると、しっかりと水分の蒸散を防ぐことができ、うるおいを保持することができます。秋冬はうるおいを奪われやすいので、乾燥しやすい部分は少し多めにつけましょう。

クリームまできちんとつけることで、夜寝ている間もうるおいをしっかりキープ!うるおいを守りたい秋冬こそクリームの力を信じましょう!

クリームのうるおいを保持する効果

ローション+ミルクローション ローション+ミルクローション+クリーム

クリームまで使用すると、水分の蒸散をしっかりと防ぐことができるため、うるおいを保持することができます。

(自社測定データ)

[測定方法] 容器に水を入れ、その上に通気性のあるシートを置く。各アイテムをシートに均一に塗布し、時間経過時の重量を測定して水分蒸発量を比較しました。

動画で方法をチェック!

メナードのお店では、「スキンチェック」「カウンセリング」「美肌レッスン」を行っています。
自己流になりがちなお手入れの気づきやキレイになるためのヒントを見つけてみませんか。
お気軽にメナードのお店にお問い合わせください。

お近くのメナードのお店を探す
このページの先頭へ