禁忌事項のご案内

サロンでは、お客様に安全かつ安心してフェイシャルエステを受けていただくことを最優先に考え、以下の項目に関し当日の施術をお断りさせていただく場合がございます。
以下に該当される場合は、エステセラピストにご相談いただきますようお願い申し上げます。

1.体調について

以下の場合は、トラブルを起こしやすいためフェイシャルエステをご遠慮いただいております。

  • 体調不良
  • 発熱時
  • 極度の疲労
  • 予防接種後(当日)
  • その他日常と著しく異なった症状

また、デコルテケアなどを行うため、以下の場合は事前にお知らせください。
お客様ご自身で主治医の許可をおとりいただいた後、フェイシャルエステを開始させていただきます

  • 過去、現在において身体の部位に痛みや
    不調があった(ある)

2.疾病について

以下疾病などで現在通院中、もしくは薬を服用中の場合は、疾病完治後よりフェイシャルエステを開始させていただきます。

  • 心臓病
    (ペースメーカーをご利用の方など)
  • 腎臓病
  • 糖尿病
  • 伝染性の疾患
  • 循環器障害(血圧異常、動脈硬化など)
  • 知覚神経障害
  • 発熱時
  • のぼせやすい方

また、その他の疾病により通院中、もしくは薬を服用中の場合は、お客様ご自身で主治医の許可をおとりいただいた後、フェイシャルエステを開始させていただきます。

  • その他疾病で通院中
  • その他疾病で薬を服用中

3.皮膚について

以下の皮膚疾病などに該当される場合は、フェイシャルエステを休止させていただきます。また、部分的な傷、ニキビの炎症部位などがある場合は、一部機器の使用を避けたり、その部分の施術を一部省いて行うことがあります。

  • かぶれ
  • 日やけ直後
  • 伝染性の皮膚疾患
  • やけど
  • 赤み、かゆみ、湿疹など肌に異常がある場合
  • 皮膚炎(アトピー性皮膚炎含む)
  • 金属アレルギーの方
  • 炎症、化膿の部位
    (炎症ニキビ、黄ニキビなど)

4.妊娠について

妊娠中の場合は、お客様ご自身で主治医の許可をおとりいただいた後、フェイシャルエステを開始させていただきます。

  • 妊娠中

フェイシャルエステ前のご確認

フェイシャルエステ中の安全性を高めるため、お手入れの時はコンタクトレンズをはずしていただくようお願いしております。
ケースや保存液をお忘れになった場合は、目もとのケアを行うことができなくなリますので、予めご了承ください。