美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

メナード化粧品トップ> 美容情報> 美・サイエンス> 紫外線を防ぐには

研究成果、学会発表など研究技術情報

地球に届く太陽光には、波長の短い方から、紫外線、可視光線、赤外線の3つがあります。
紫外線は、可視光線の紫よりさらに短い波長の光線という意味でUV(Ultraviolet)と略記されます。この紫外線はさらに、UVA(長波長紫外線:320~400nm)、UVB(中波長紫外線:280~320nm)、UVC(短波長紫外線:200~280nm)の3つに分けられます。このうち、UVCはオゾン層に吸収されるため、地球に到達するのはUVAとUVBです。

紫外線は肌にさまざまなダメージを与えるため、紫外線から肌を守ることが大切です。おすすめは日やけ止め製品やファンデーション、メイクアップベースなどで、紫外線防止効果の目安として、SPF値やPAが表示してあります。SPFはsun protection factorの略で、主に炎症やシミの原因となるUVBを防ぐ指標となる数値です。PAはprotection grade of UVAの略で、主にシワの原因となるUVAを防ぐ基準です。SPF値とPAを参考に、紫外線から肌を守りましょう。

<SPF値とPAについて>

SPF値の最高値は「50」です。50より高い値の場合は、SPF50+と表示し、認識できるようになっています。PAはPA+、PA++、PA+++、PA++++と記載してあります。
SPF値とPAには、使用するシーンに応じて推奨される目安があります。例えば、通勤や買い物など日常生活ではSPFは10~20、PA+~++、屋外での軽いスポーツやレジャーなどの場合は、SPF20~30、PA++が目安です。また、ハイキングや海水浴など炎天下で長時間紫外線にさらされる場合は、SPF30~50+、PA++~+++を目安にしましょう。

また、紫外線防止効果のある製品を使用しても、多量の汗や皮脂、プールや海の水、衣服や動作による摩擦などが原因で時間の経過とともに落ちてしまうことがあります。状況や目的に応じて、以下のことにも参考にして、紫外線から肌をしっかり守りましょう。
○定期的に塗り直す。日やけ止め化粧品であれば2~3時間ごとに塗り直す。
○適度な厚さでムラなく塗る。
○汗をかいても落ちにくい、ウオータープルーフタイプ(耐水性)の製品を選ぶ。
○帽子や日傘を併せて使い、日差しが強い時間帯は外出を避ける。

キャンペーン情報

フェアルーセント 薬用デイクリーム ホワイト

紫外線からも環境ストレスからも、肌を守る日やけ止め・美白クリーム「フェアルーセント 薬用デイクリーム ホワイト〈医薬部外品〉」を5名様にプレゼント! この夏のおすすめアイテムです。ぜひご応募ください!

健康食品キャンペーン実施中!<5/21〜7/20>

期間中、対象商品のお買上げでステキなプレゼントがついてくるお得なキャンペーン。気になる健康食品はぜひこの機会に!

新商品情報

フェアルーセント薬用ホワイトセラム

フェアルーセント 薬用ホワイトセラム

ポアライザーX

ポアライザーX

よくあるご質問

みなさまからいただいた、よくある質問とその回答をご覧いただけます。

CMライブラリー

現在放映中のCMをご覧いただけます。

このページの先頭へ